パワーテック施工例

使用製品

   

塗膜段差を作り、水の通り道を作る。

1.用意するもの
すべり止めコート材、
マスキングテープ、ハケ、ローラー
2.メジを作成
一度以前にすべり止め加工を施した入口(2年近く経過しています。)その上にマスキングテープでメジを作成
3.塗布
マスメにすべり止めコート材を塗布していきます。
4.マスメを全体に塗布
5.乾燥させて、塗布
面の塗布は、ローラーが最適今回は、乾燥させて、塗布する工程を3度繰り返しました。
6.細かな作業はハケで
ハケでもいいです。塗材を細かな個所に盛っていく細かな作業はハケです。

7.塗布後、マスキングテープをはがします。

8.テープをはがし、乾燥させます。

乾燥後、水を散水し効果を確認。塗膜を厚くした個所は水はけが良くなっています。
今回は、画像でわかりやすい様に、ベースと違う色を選択致しました。
実際は、同色でもいいと思います。少しの塗り工夫で、色々な現場環境に対応できます。
製品一覧
  • 保護コート剤パワーテック
  • 防水・防錆・保護コート剤
  • パワーテックプロ
  • 壁面専用保護コート剤
  • 遮熱コート材パワークール
  • スベリ止めコート材
  • グレーコート
  • グレーコートプラス
  • カチオンアンダーコート
  • グリーンコート